気軽にブラックウォッチ

あまり意識しすぎないようにブラックウォッチを楽しみたいものです。
気軽にブラックウォッチを楽しみたいですね。

では、どのあたりから試してみればいいのでしょうか?
私の場合は、失敗してもショックを受けないくらいの金額から始めました。

気軽楽しむなら、ブラックウォッチストールがオススメです。
金額的にも負担が少ないので、何通りかのパターンを揃えておけばお洒落です。

しかもストールってとっても便利ですしね。

ストールひとつで様々なお洒落アイテムとして重宝します。

ストールならワンポイントだし、自分らしいスタイルを崩さずに試すことが出来ます。
いつもの普段着にブラックウォッチストールを合わせてみましょう。

普段着は出来るだけシンプルなものが良いと思いますよ。
白とかベージュなどの明るい色がベストですね。

出来るだけシンプルなコーディネートを心がければ、ブラックウォッチが映えます。

ストール一つで十分コーディネートを楽しめますからね。
特にブラックウォッチは、シンプルな中にもとても気品が感じられますからね。

ぜひブラックウォッチのストールを身に着けて、素敵なお洒落ライフを楽しんでくださいね!

ブラックウォッチをコーディネイト

 それそのものでも非常にお洒落なブラックウォッチですが、もっと素敵に 見せるためのファッション術を見につけましょう。

 どんな物との組み合わせがいいのか?

 例えば、ブラックウォッチのスカートには、どんなジャケットが似合うのか?
 ブラックウォッチのシャツには、どんな色合いのパンツを選べばいいのか・・・

 とても難しいですね。
 自分でたくさんのジャケットやスカートを持っていれば、いろいろな物と組み合わせてみられますが、実際はそんなに持ってないですよね?

 ブティックに出向いて、いろいろ合わせて試着してみればいいのだけれど、時間も手間もかかります。

 そんなときには、やっぱりファッション雑誌ですね。
 ファッション雑誌なら、さほど費用もかからず、さまざまな着こなしを見ることができます。

 しかも、一流のファッションコーディネーターが選ぶ組み合わせですから、自己流のコーディネートとは比べ物になりません。

 でも、ファッション雑誌でコーディネートを極めようとするなら、定期購読は欠かせません。
 単発ではだめですよ。

 一年を通して、同じ雑誌のファッションセンスを盗みましょう!
 だって、季節によって着こなしが全く異なりますからね。

 購読するなら、どの雑誌がいいのでしょうか?
 オススメは、Oggi (オッジ)ですね。

 Oggiのターゲットは、25〜30歳の、知性と好奇心にあふれセンスに富んだ女性たちです。
 最新ファッション中心のおしゃれ情報を、ニューヨーク、パリ、ロンドン発の常駐スタッフによってリアルタイムに提供する雑誌です。


 お得なご購読はこちらから ⇒ Oggi (オッジ)



ブラックウォッチの生地

 ブラックウォッチの生地を手に入れて、自分のお気に入りのスカートや手作り小物を楽しんで見ましょう。

 ブラックウォッチのスカートやワンピースを作るためには、表面に凹凸感があまりないものがいいでしょう。
 さらっとした感じで、とてもいい感じに仕上がります。

 フォーマルな用途として使用する場合も、凹凸感のない生地を選ぶのが無難です。
 また、ブラックウォッチのマフラーなども、このタイプの生地がベストです。

 一般的に、ブラックウォッチを指すのは、この凹凸感のない生地のほうだと思います。

 一方、ブラックウォッチの生地の中でもワッフルと呼ばれる、凹凸が大きいタイプの生地もさまざまな用途で使用できます。

 ワッフルの場合は、小物に使われるのが多いです。
 バッグやエプロン、ストールなどなど・・・

 また、クッションやテーブルクロスなど、身につけるものだけでなくインテリアなど、さまざまなシュチュエーションエーションに使われています。

 本当に、ブラックウォッチは使える生地ですね!

ブラックウォッチをお洒落に

 昔の戦闘服が、現代によみがえりファッション化した、ブラックウォッチ

 ブラックウォッチの生地は、フォーマルでもカジュアルでも通用する、懐の深いデザインです。
 一般的には、スカートとかパンツに使われていることが多いですね。

 私は、ブラックウォッチのジャケットが大のお気に入り。
 それを着るだけで、いつもとは違う自分を感じて、少し大人の女性を演じてしまうことも多々あります。

 そんな落ち着いた雰囲気を持っているので、ブラックウォッチなら、公の場にも十分着て行けます。

 また、清楚な雰囲気をかもし出せるので、会社の面接などにもGood!
 少しおとなし目で、まじめな印象を与えられるのではないでしょうか?


 ブラックウォッチは色合い的に、秋から冬の季節がとても似合います。
 落ち葉の舞い散る街路樹の歩道を、ブラックウォッチのコートを着て闊歩するなんて、ドラマの1シーンのようです。

 ブラックウォッチの深緑色に落ち葉の茶系色が映えて、とても素敵なコントラストを奏でます。


 ブラックウォッチは着る人の年齢を選びません。
 子供から大人まで、十分対応します。

 しかしながら、落ち着いた雰囲気を醸し出すため、少し年上に見られるかも・・・

ブラックウォッチの歴史

 中世のスコットランド地方には、クランと言う制度(種族?)多数存在しました。

 対抗するクラン同士が、争いをするときに敵と見方を間違えないように、そのクラン特有のデザインの布をまとっていました。

 そのデザイン(布?)がタータンのルーツになっています。
 簡単に言うと、各種族のユニフォームみたいなものですね。

 タータンの柄は、そのクランの所在地区、身分などよより多くの種類が存在します。
 一説によると、100種類は優に超えると言われています。

 そのうちのひとつが、ブラックウォッチです。

 昔は、戦いの際に身につけるものが、現代ではファッションとして生きているわけです。

 昔の戦闘服が、いまではスカートや・パンツ・ジャケットになってしまうとは、昔の人は考えもしなかったでしょう。
 体のごつい戦士が、ブラックウォッチのスカートを身に着けているところを想像すると、ちょっと引いてしまいますね(笑)

 しかし、こんなお洒落なブラックウォッチを身に着けて戦っていたなんて、スコットランドの方は、ファッションセンス抜群ですね!

ブラックウォッチってなんだ?

 今日、ブラックウォッチは様々なものに使われています。

 ブラックウォッチ柄のスカート・ワンピース・パンツ・シャツ・バッグ・キルティング・ジャケット・マフラー・ハーフパンツなど、数え上げればきりがないくらいに、人気柄の生地です。

 あなたも、いくつかは使っているのではないですか?


 まずは、ブラックウォッチてどんな柄?と言う方に、少々説明させていただきます。

 ブラックウォッチとは、ベースの深緑色にやや幅の広い青い格子柄、さらに黒の細い格子柄が重なった配色の、タータンチェックです。

 落ち着いた中にも、気品溢れる綺麗な色合いです。

  下の画像のような柄の布です。


 brack.jpg



 一般的には、タータンチェックって言うと赤系のものを想像しませんか?
 タータンチェックは、イギリス(イングランド・スコットランド)の民族衣装が根源です。

 その色合いは民族によって違いがあり、様々な種類のものが身に付けられていました。
 ブラックウォッチは、その中の1種類です。

 ちなみに、【タータン】とは格子柄のことで、スコットランド地方で発達し、今日のように世界中に広まっています。

 ブラックウォッチスは、スコットランドを起源に、長い間の伝統として今日も引き継がれているのです。